ホーム

クルマで

 選挙結果が出た。接戦の末、無事に彼が当選した。影ながら応援していた甲斐があった。私もお祝いのメッセージを新市長に送った。読まれるかどうかは不明 であるが。応援を依頼した人にお礼の挨拶をした。彼はこれからが正念場である。こちらからお祝いのメッセージを送ったが返信はないであろう。

ブ ログのコメント欄には大量にお祝いの言葉が書き込まれていた。人望の厚い人なのであろう。初対面の私にも、とても、親切な方であった。普通、初対面の人間 を自分のクルマで家まで送ってあげるなんてことはしないものではないか。しかし、彼は、これを自然体で出来る人である。

さて、あの時に乗せて頂いた自動車であるが、タイミングベルトの交換が必要になったとのことであった。果たして費用は、どのくらいかかるのであろうか?

タイミングベルト 交換


評価

かつて私は絵を描いた。小説も書いた。これは、大まかに言って他者からの評価を求めての行為である。自分からの評価が欲しくて行った部分がゼロではないがそれほど大きくはないと思う。現在、私は商売をしている。これは他者からの評価が欲しくてやっているのか?

そ れとも自分からの評価が欲しくてやっているのか。どちらであろうか。どちらかというと、これは評価というよりも銭が欲しくてやっているのではないか。評価 はあまり関係ないと思う。かつて私は学生時代デザイナーになりたいと願った。その希望はかなわなかった。しかし今思えばあの当時のままデザイナーになって いたら、恐らくはブランドを潰していたであろう。また人を見る目がなかったから身内の造反にあっていたかもしれない。結局これで良かったのではないか。

婚活

何歳ですかと聴かれた。
 
先日のパーテイーでのことである。相手にしてみれば随分と場違いな感じがしたのかもしれない。知らない間にそんなことを訊かれる年齢と容貌になったのであろう。

こういう質問をされるのは、今回が初めてではない。


若 い時にいくら美しかったとしても、加齢と共にそんなものには価値がなくなる。私に年齢を差し引いても訴えかけるほどの魅力はあるであろうか。若い時は放っておいても周りから寄ってきたが、今は絶対そんなことはない。もう終わったのだ。楽しむことが、人生の目的であるならば、一人でいることを楽しむように考えかたを変えるべきかもしれない。

Return to page top