ホーム » blog » 果たして

果たして

近々、隣の街で選挙がある。私の知人も立候補する。隣の街の選挙なので、私には選挙権はない。しかしながら、当然の如く知人を応援している。それで、職場の人間、何人か隣街の住人数人に、それとなく聞いてみたのだが、基本的に馬鹿は選挙に行かない。

だから馬鹿なのだ。どちらが当選しても構わないという。こんな馬鹿にも選挙権があるのは、おかしいと思うのであるが、どうであろうか
会社では常識として政治と宗教の話はしない。出来ない。するべきではない。あまりおおっぴらに投票を頼む訳にもいかない。


しかしながら、私は彼を強く応援している。

果たして選挙結果は、どうなるであろうか。

Return to page top